安いコーヒーは胸やけ・吐き気を起こしやすい?

リラックスするための飲み物としても、またカフェインの覚醒作用を利用するとしても日常に深いかかわりを持つコーヒー。

普段の飲み物に欠かせないものの一つに挙げる人が多いコーヒーですが、毎日何杯も飲む場合にはできるだけ安いコーヒーを選ぶ人も多いのではないでしょうか。

そして、安いコーヒーを飲んだ後に「胸焼けがする」「吐き気がする」などの症状を経験した人も少なくないのでは。

では、なぜ安いコーヒーを飲むとこのような症状が起こるのでしょうか?考えられるその原因を3つご紹介します。

コーヒーで胸やけ・吐き気がする原因とは

①カフェインによる胃酸分泌

コーヒーにカフェインが含まれているのはよく知られている事実ですね。
そのカフェインには交感神経を刺激する作用があり、胃酸の分泌量を増やしたり胃の働きを低下させたりすることがあります。

カフェインは強力な胃酸分泌の刺激物質でもあるので、コーヒーの摂取によって分泌される量が増えます。カフェインに分泌を促された胃酸は胃の内側の粘膜を刺激して、痛みやムカムカなどの症状となって現れることがあります。

本来なら消化を助ける働きとなるはずが、コーヒーを多く摂ることによって胃酸が出すぎると吐き気や胸焼けを引き起こす原因になるといわれているのです。

また、カフェインは食道の筋肉をゆるませて胃の内容物の逆流を引き起こす場合もあり、胸焼けを起こしやすくなるともいわれています。

そのため、寝起きなどの空腹時に酸化の進んだ安いコーヒーを飲むことは余計に胃酸を分泌させてしまうので注意しましょう。

②豆の品質が悪い(カビ毒など)

豆が発酵したものやカビが生えたものなどの欠点豆は、コーヒーの質に悪い影響を及ぼします。欠点豆が混じっているとコーヒーのおいしさが大きく損なわれてしまうのです。

当たり前のことですが、カビは一度生えてしまうと取り除けません。そのためその豆を使うこともできないわけです。仮に焙煎してもその独特のカビ臭さは消えないので、それを使って抽出すると強烈なカビのニオイを発するといわれています。

また、発酵した豆も雑味の原因となる品質の悪い豆です。

発酵した豆には2種類あるといわれ、

  • 長時間水につけてしまったためにたっぷり含んだ水が原因で発酵したもの
  • 倉庫で保管されている間の状態が悪くて発酵してしまい、細菌が増殖したもの

が挙げられます。

管理状態がよくないことが原因となってできるこれらの不良豆がきちんととり除かれていないと、コーヒーを飲んだ時に胸やけや吐き気を起こしやすくなると考えられます。

人件費のかさむハンドピックの手間が省かれた安いコーヒーには、こういった質の悪い豆が混じっているかもしれませんので避けたほうが無難かもしれません。

③酸化が進んでいる

酸化が進んでいる豆を使ったコーヒーが胸焼け・吐き気の原因になることもあります。

逆に、新鮮なコーヒー豆には血行を促すなどの作用があり、眠気を覚ましたり疲労を回復させたりする効果があるのです。

コーヒー豆にはもともと、抗酸化作用があるとされています。ですが、そのコーヒー自体も空気に触れた時点から酸化が始まるのです。

「コーヒーは生鮮食料品」という専門店の店主もいます。焙煎後から時間が経つにつれて少しずつ酸化が始まるため、たのかがとても重要なポイントとなるわけです。

市販品など安く購入できるコーヒーには、消費期限しか記されていないことがほとんどです。そのためコーヒーの鮮度を測る肝心の焙煎日がいつなのか消費者は知ることができません。

なお、安いコーヒーは大量に豆を挽いた後に保存しているものを使っていたり、豆のままの場合は焙煎後2週間以上経過していたりするものなど酸化が進んでいるものが多いといわれています。

さらに、店頭に並ぶまでには流通の工程がかさみ、さらに酸化を進ませてしまうのです。

ちなみに、酸化したコーヒーを見分けるのは「酸っぱい」という基準です。というのも、浅煎りで味わえるフルーティーな酸味と勘違いしがちだからです。

明らかに「マズい」と感じる不快な酸っぱさを感じた場合、酸化が進んでいることがほとんどなので注意が必要です。